Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
愛するワンコたちのこと、家族のこと、職場の保育園でのことなどなど、胸の内をオープンにできる唯一の場所がココ!
Profile
Category
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
街の中が騒がしい
 
今朝から日本中を騒がせている

中学生が両親を殺すために放火したという事件は

ウチの近くの出来事でした




朝からヘリコプターが家の上を旋回してうるさくて

一茶とぶんぶんがずっとベランダの窓に張り付いて吠え続けて

何回「うるさ〜い」と叫んだか・・・


その時点では

「自衛隊の訓練?」くらいに思っていたのですが


朝の情報番組で第一報を知り

娘が「そういえば寝ようと思ったらサイレンがうるさくて眠れなかった」と証言し

テレビ中継で出て来る景色が

同じ宝塚でも山手ではなくて、ウチの近所に雰囲気が似てる

でも、まさかねぇ・・・



昼近くになってヘリコプターも静かになり、朝のニュースのことは忘れていました

珍しく娘が一日中いるというので

一緒に食料品の買出しに車で出かけました


大通りに出る信号で止まっていると

その先に大きなアンテナを積んだ各社の中継カーがずらっと並んでる・・・

そして黒塗りのハイヤーがこれまたずらっと並んでいます


その間を縫うように進んで

チラッと視界に入ったのは

黄色いテープで道路をふさぎ、制服のおまわりさんが2人立ち番をしている様子



あらま・・・ここだわ・・・

今朝テレビで観た景色だわ



こんなに近かったんだ・・・






普通に生活をしている静かな普通の街に

突如としてこんな異変が起こるんですね

人が生きてるってこういうことなんですね





保育園の先生方はほとんどが午前中から勤務していて

午後から出て行くのは私たち延長担当の先生だけです

だから私が勤務について、朝からのことをちょこっと話したら

誰も知らないことだったし、その事件の中学生と同じ学校にお子さんが行っているという先生もいて

なんか異様な興奮状態になりました


赤ちゃんたちが喜んで大騒ぎしたヘリコプターはそういうことだったんだ・・・と知ってショックを受けていた先生もいました




園児の中には、ご両親が近隣の小中学校の先生というご家庭があり

予想通り、お迎えが7時を過ぎてしまいました

お迎えに来ても、まだお仕事が終わっていない様子のお父様もいて

同じ市立の学校だし、会議やら今後の対策やら、いろいろあるんだろうなぁ・・・と理解はしましたが

いつもと違うお父さんやお母さんの様子に気づく子どもたちには、影響がありませんようにと願うばかりです


子どもが起こす事件には本当にココロが傷みます


まだ事件の詳細はわかりませんが

どうか、子どもたちが救われるような動機が認められますようにと

心から思います


絶対、大人が悪いんです!

| ご近所 | comments(2) |
悲劇の歴史
先週あたりから、新聞の地方版は震災関連の記事ばかりです。

あの時小さかった子たちが成人式を迎えたとか、就職が決まったとか、そんな話題で特集記事もたくさんあります。

ご近所の方と話していても

「あの家は残った家、それ以外は全部あとやなぁ」って・・・

地震を真ん中にして、前か、後かっていう年表になっています。



ここに来た10月は、私にその認識がなく

「残ったって、何が?」

って思わず聞きそうになりましたが、言わなくてよかった。


我が家と同じ路地には6軒の家が建っていますが、そのうち2軒が残った家だそうです。

塀が斜めになったままの部分があります。それ以上は倒れないみたいですが、自力で太陽の方を向いてみようという気もないようです。あきらめたように家によりかかったままです。

ちょっとずつ爪あとが残っているんですねぇ。

ここは被害が大きかった町だそうです。  知らなかった・・・

お隣の奥さんはにこにこ笑いながら、避難所に入るのがどれだけ大変だったかを話してくれました。


関東に住んでいた私たちには知れされなかった、一人ずつの大震災を、今少しずつ知ることになりました。

今、17日に向けてメディアや学校や自治体や、そして市井のひとりひとりがカウントダウンに入っています。

その日の空気や音や、そいうものを静かに体感したいと思います。
| ご近所 | comments(0) |
タダラヅカ だわ
 私が住むここ宝塚

ヅカファンの友人は住所を見て異常に羨ましがってくれましたが、宝塚といっても大劇場の隣に住んでるわけじゃなし・・・

毎日通勤通学する夫や娘は「それらしい人を見た」とか「オーラでわかる」とか言っていたのですが、ついに私も遭遇いたしました。


今日、銀行で用紙の記入をしていたら、横から突然出て来た人が私にぶつかりそうになって

「あっ、すみません」  って。

「いいえ」  って言いながらオーラの渦に飲まれた私・・・


すごい! 本物はすごい!  


私より頭ひとつ上に小さい頭。 ホント小さい。

金髪のショートヘア・・・つまりは男役さん?

細〜くて、高〜くて・・・そしていい香り・・・

水色だか薄紫色だかのロングのダウンを翻すように去って行きました。


一瞬、少女漫画の世界に入ってしまったようでした。


残念ながら現役のスターさんは一人も知らない私・・・誰だかわからない・・・


でも 


タカラヅカに住んでるんだなぁ・・・と一人納得した瞬間でした。







私の部屋から接骨院が見えます。  古くて倒れそうな接骨院。

いつも閉まっているように見えていたのは、中の照明が暗かったからみたいです。

そこに「宝塚音楽学校」の制服を着た少女が入って行くのを何度か見かけました。


あのグレーの、バイアスたっぷりのフレアスカートに、まか不思議な形の帽子・・・

見間違うわけがないでしょう。



おかしいのはその少女のふてくされた歩き方。


姿勢は素晴らしくいいのに、何かをずっと蹴飛ばしているような・・・エア石蹴り?

何か怒られたのかのかなぁ・・・。 



あらら? なんであのスポーツバッグ?

あれだけ制服にこだわってバッグは決まってないの?

そう、昔の「マディソンスクエアガーデン」のバッグみたいな半円形でとってが長めなあの形。

白地に赤のライン。   今売ってます?


そのセンスは困ります。
タカラジェンヌになるんでしょ

もっとがんばって。



あの石蹴りジェンヌとあのロングダウンの君が同じ直線状に並ばないわ

たくさんのタマゴちゃんたちが振り落とされていくのでしょうねぇ。

厳しい世界を垣間見るタカラヅカでした。




そしてあの接骨院は腕がいいってことかしら?   要リサーチです。

| ご近所 | comments(2) |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex